FC2ブログ

プロフィール

takarazukacamp

Author:takarazukacamp
宝塚保養キャンプ実行委員会
代表・佐々木基文
(宝塚宗教者・市民平和会議 西光院住職)
mail:
takarazukacamp@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第14回宝塚保養キャンプ」を2019.3.26~4.1で実施いたします。

皆さま大変お待たせいたしました!
2019年春 「第14回宝塚保養キャンプ」のお知らせです。

日時:3月26日(火)~4月1日(月)6泊7日
宿泊:西光院

春は保養キャンプが少なく、たくさんの参加申込みがありました。
募集人数は子ども10人、保護者5名と少人数ですが、
子どもたちを守れるように継続していきたいと思っています。

ボランティア大募集中です!初めての方も大歓迎!
子ども班、食事・生活班、車両班、PC班、写真班、
保健班、BBQ班と得意な分野で参加してみませんか?
詳細はチラシ下部に記載されている連絡先までお願いします。

もちろんカンパでの支援も大歓迎!!

2019年春キャンプ

スポンサーサイト

2019.1.20(日)13時~宝塚保養キャンプ学習会「放射線のホント」って本当?於:西公民館

第14回宝塚保養キャンプに向けて
学習会”「放射線のホント」って本当?”
を開催いたします。

どなたでも参加できますので、
お誘い合わせの上ご参加くださいませ。

2019年1月20日(日)13時〜
「放射線のホント」って本当?
講師:医師 振津かつみさん
於:宝塚市立西公民館



夏キャンプ・ボランティア説明会のご案内


小さい文字夏キャンプ・ボランティア説明会の案内少し大きい文字" />
7月30日(日)午後1時~カトリック黙想の家で夏キャンプのボランティア説明会を行います。皆さんの参加をお待ちしています。

夏キャンプに向けて学習会を開催いたします。

      原発事故は終わった?  
     ~ 子どもたちを守ろうや ~

宝塚に住む子どもたちも、放射能汚染に不安な毎日を送っている子どもたちも
安心・安全な地域、国に生きる権利は同じです。しかし2011年に起きた福島第一
原発事故による放射能汚染で、それがかなわぬ状況が続いています。
私たち大人にできることは何なのか? 子どもたちが未来に希望を持てるには、
どうしたら良いのか。
1986年チェルノブイリで起こった原発事故後の対応を検証しながら、子ども
たちを守ることを一緒に考え、動き始めませんか。

◆日 時 6月24日(土)13:00~15:00
◆場 所 宝塚市西公民館 3F・造形室 (阪急小林駅から徒歩3分)
◆テーマ 「避難の権利」は「生きる権利」
※どなたでも参加出来ます。参加費は無料です。

講師紹介
森松明希子さん
1973年兵庫県伊丹市生まれ。
福島県郡山市在住中に東日本大震災被災。
当時3歳1ヶ月と0歳5ヶ月の2児を連れ、1ヶ月の避難所暮らしを経て、2011年5月から大阪市へ母子避難 。
<著書 >
「母子避難 心の軌跡」 かもがわ出版

*保育スペースがあります。スタッフが保育します。
*15:15~16:15 森松さんを囲んで、お茶を飲みながら座談会♪

★保養とは?
 原発事故で放射性物質による影響を受けた地域に住む人々や、暮らしの中で放射能の不安を抱えることになってしまった人々などが、休日などを利用して居住地から受け入れ地へ出かけて、放射能に関する不安から一時はなれて心身の疲れを癒(いや)そうとすることを言います。
6・24学習会チラシ

第12回・宝塚保養キャンプへの協力依頼

夏の宝塚キャンプの日程が決まりました。皆さんのご協力をお願いします。
宝塚夏キャンプ協力依頼チラシ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。