プロフィール

takarazukacamp

Author:takarazukacamp
宝塚保養キャンプ実行委員会
代表・佐々木基文
(宝塚宗教者・市民平和会議 西光院住職)
mail:
takarazukacamp@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者

3/28 5日目 須磨と鉄人28号

3月28日(水) 晴れ時々雨

本日は須磨水族園&鉄人28号のツアーです。

寒い中,みんなそろって元気に出発しました。

電車を乗り継ぎ,ようやく須磨水族園に到着。

水族園の係の方にごあいさつをした後,

バックヤードへ特別招待して頂きました。

120328a.jpg
120328b.jpg

イルカショーやラッコを見てからは,待望のお土産選び。

120328c.jpg
ステキなお土産が買えたかな?

120328d.jpg

昼からは長田へ鉄人28号に会いに行きました。

お店のドアを出たら突然,目の前に現れた大きな大きな鉄人28号!

その高さは18mもあるそうです。

120328e.jpg

長田在住の男性がお話をして下さり,

お土産にサーターアンダギーやいかなごのくぎ煮を頂きました。

みんな美味しそうに食べていました♪

集合写真を取った後,側の公園で遊んでいると・・・

TV番組のロケ隊がやってきて,芸能人が登場。

子どもたちは大はしゃぎでした。

行く先々で温かいもてなしを受け,歓迎して頂きました。

みなさんのご協力に心より感謝です。(y)


3/27 4日目 キンボール&市役所訪問,カレー作り♪

午前中は、みんなでキンボールに挑戦

アラサーHさんは,ぶんずを作ってひどい筋肉痛になやまされたそうです
(え?ぶんず?いわき弁で青あざのことですよ〜)

120327a.jpg

その後は市役所に移動し,宝塚市長の中川智子さんとお会いしました。

会議等でお忙しい中,宝塚の町についてお話していただきましたね。



大林寺に帰ってからは、沖縄のエイサーを鑑賞しいっしょに踊ったり,

ゲームで楽しく遊んだりしました。

120327h.jpg

背中には「ふでばこ」の文字が見えますね〜



本日から参加されるお2人とお母さんが到着〜

120327e.jpg
みんなでお出迎えです。


和気あいあいとした雰囲気でカレーを作り、

DSCN0370.jpg


おいしく頂きました。

DSCN0379.jpg

ごちそうさまでした〜


お手伝いに来て下さったみなさん,どうもありがとうございました!!



3/26 3日目 箕面ハイキング


今日はキャンプが始まって最初のお出かけです。

阪急:清荒神駅まで清荒神・最澄寺の参道を下ります。

途中のお店が気になりますが、帰りのお楽しみ♪
                  
   
箕面駅到着・・・が,しかし!!到着と同時に雪、雪、雪。

さすが福島の子ども達,ここは雪にも負ケズです。
RIMG0035.jpg



箕面名物もみじの天ぷらのお店では試食に足が止まります。
                      

箕面昆虫館に入ると、温室で飛び交うたくさんのチョウ,

目の前を飛ぶ色あざやかなチョウに、子ども達は歓声をあげていました。
RIMG0038.jpg

RIMG0039.jpg

                      
途中、晴れたり雨が降ったりとすっきりしないお天気の中,

なんとか箕面の滝まで歩くことができました。
                     
滝の横でお弁当を食べた後は記念写真をパチリ。
RIMG0049-1.jpg

                      
帰りは箕面駅前の箕面温泉・足湯に入って,疲れも吹き飛んだようでした。
RIMG0051-1.jpg


ただいま!寒かったね〜
120326a.jpg


みぞれに降られたので先にお風呂、そして夕食です。

     
                 
夜は箕面で買った滝の絵はがきで福島の家族へお便りを。

福島の家族に伝わるよう,3日間の出来事を思い思いに書きました。


3/25 2日目 周辺散策


一夜明けた大林寺・・・旅の疲れもないかのような元気な子どもたち♪

布団のたたみ方を習い,明日からは自分たちで片付けます。

掃除機で部屋の掃除もしました。

DSCN0314.jpg




午前中は自然豊かな大林寺のまわりを散策。

参道に並ぶお店の列に「お祭りでもないのにすごい!」と驚く子どもたちは

一軒一軒のお店を楽しそうにのぞきながら歩きました。

DSCN0302.jpg



午後は英語が堪能なスタッフと一緒に英語のレッスン。

難しかったけれど,楽しめたようです。

English is fun!



今日のお風呂は,温泉施設:宝乃湯へ行ってきました。

疲労回復に効果があるという天然温泉に入り,

ますます元気いっぱいの子どもたちでした。



明日は箕面へのお出かけ日です!

しっかり休んで明日に備えましょう・・・「はよね〜」♪(‘ε`)

準備は着々と進んでいます

宝塚キャンプへむけて準備は着々と進んでいます。
 日程も、ほぼ固まりました。遠出は、3月26日の箕面昆虫館&箕面滝ハイキングと、3月28日の須磨海浜水族園&鉄人28号の2日間です。子どもたちの負担を、なるべく軽くするようにしたいと思っています。
 食事は、放射能をさけて宝塚に来る子どもたちのことを考えて、材料を厳選して、一日三食つくっていただけることになりました。予算は当初考えていた額より大幅にアップしますが、みんなでカンパを集めて乗りきりたいと思います。

宝塚キャンプまで、あと6日

宝塚キャンプまで、あと6日となりました。現在までに、参加者は小学生6人(2年生2人、4年生2人、5年生2人)、中学生1人(1年生)、大人1人の8名で、全員女性です。

このため、女性のボランティアの出番が多くなってくると思われます。本日のスタッフ会議で、そこらへんをきちんと詰めたいと思います。また、今までに多くの行事への参加のお誘いがありますが、お出かけは2日間として、後は大林寺周辺としたいと考えています。

せっかくのお誘いを断ることになり申し訳ない気持ちですが、子どもたちのことを考えて、ご了解いただきたいと考えています。

2・11~12放射能から命を守る全国サミット報告会

 昨日(15日)夕方から、2・11~12放射能から命を守る全国サミット報告会があり、参加しました。そこで報告されたことが、宝塚キャンプにとっても大変参考になると思いました。

 ご両親からの苦情は「おせわになっている」立場から、ほとんど出てきませんが、その苦情の一つに「あまり、かまわないで欲しい。ちやほやされて、おかしなことになる」。二つに「土いじりや草木に触れて、みたいな戸外での遊びが中心だが、子どもたちの学力が落ちることにも配慮して勉強の時間も作って欲しい」というものです。

また、お母さんたちへの「放射能についての学習会」みたいな企画はダメで、「価値観を押し付けるな、説教するな!」ということが大事だということでした。事実を事実として話して、自分で決めてもらうということです。これは、「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」の立場でもあります。
今すぐ避難しなければならないと考える人、測定しながら判断する人、避難したくてもできない人など、福島ネットワークの人の中にも様々な事情や色々な考え方があって、それを一つにまとめていることの大事な原則が、この「価値観をおしつけない」ということです。

宝塚キャンプまであと10日!

 あと10日で宝塚キャンプです。現在までに、申込者は子ども4人、大人1人です。「京都から東日本大地震被災者を支援する会」や大阪の「心援隊」のほうからも、ブログ掲載や申込者の紹介などをやっていただくことになりました。また、今朝「ハメルーン・プロジェクト」さんからもブログ掲載の申し出があり、お願いしました。本当に心強いです。ありがとうございます。

 今日、夕方から「2・11~12の全国サミット報告会」があります。私も参加して、3・10郡山相談会の報告もします。その場でも、宝塚キャンプ参加者の紹介をお願いしようと思っています。
 また、28日の須磨水族園行きですが、子どもは入場料無料にしていただくことになりました。学芸員の方が説明してくれるそうです。お骨折りいただいたYさん、ありがとうございます。


郡山での保養相談会

 3月10日に福島県郡山市で保養相談会があり、行ってきました。
関西からは、丹波市の「どろんこキャンプ」、明石市の「たこ焼きキャンプ」などの仲間も参加しました(写真)。
120310郡山相談会1

相談のなかで、高濃度の放射能にさらされつづけている親子連れが100人以上(正確な数字がわかりません)は来ました。発達障害の兄弟のお母さんからは、保養に行かせてやりたいが対応が難しいので困っているという相談。5歳と小学3年生の子どもをかかえる、お母さんからは、「下の子を保養に行かせてやりたいが小学生対象が多くて、何とかなりませんか」と相談されました。私のほうから「定数内であれば、考えます」と答えました。私のところだけで10組の相談がありました。
120310郡山相談会2

相談の終わりかけに、女の子がブースに駆け寄ってきて「少人数でもやりますか?」と聞いてきたので、「やります」と答えました。すると翌朝、その女の子のお母さんから電話がかかってきて参加させたいという返事をいただきました。同級生の友達も誘ってみるということでした。
120310郡山相談会3


2012春休み宝塚保養キャンプ要項

遊ぼう!春休み! 宝塚(保養)キャンプ

実施期間・2012年3月24日〜30日(6泊7日)

受け入れ・〒655-0841 宝塚市御殿山1-83-1 浄土宗大林寺

受け入れ人数・こども(小学生)10名+つきそいの保護者

費用 こども:福島〜宝塚の交通費の半額 経費1500円/日×7日=10500円
   つきそい:福島〜宝塚の交通費の全額 経費1500円/日×7日=10500円

元学童指導員、元小学校教師、ボランティアがお世話します。
須磨水族館、バーベキューなど楽しいイベントが盛りだくさん
あの鉄人28号にも会えるよ!

大林寺について
宝塚市清荒神参道を登ったところにある自然豊かなお寺で、近くには温泉やマンガ家の手塚治虫記念館などがあります。また浄土宗の取組みとして、こどもたち50人の受け入れをされた経験もあります。

主催
宝塚保養キャンプ実行委員会
代表・佐々木基文(宝塚宗教者・市民平和会議・西光院住職)
呼びかけ人
木下達雄(浄土宗大林寺住職)
大島淡紅子(宝塚市議)
北野聡子(宝塚市議)
佃真人(日本基督教団牧師)
石坂光寛(いのちのみずキリスト教会牧師)
中川慶子(原発の危険性を考える宝塚の会)
後援
宝塚宗教者・市民平和会議 兵庫教区浄土宗青年会・三心会
連絡先 090-1892-0524(蒲牟田)
※宗教への勧誘は一切ありません。

ボランティア募集とカンパのお願い

●3.11東日本大震災-福島第1原発事故から1年が経過した中で、福島の子どもたちの高線量の放射線による健康被害が心配されます。少しでも放射能の少ない所での生活(短期間でも)が、子どもたちにとってとても大切なことです。チェルノブイリでも実証ずみです。
子どもたちと、ともに遊び、ともに過ごそう!
ボランティアを募集します!
takarazukacamp@yahoo.co.jp

●資金が必要です。夏も行います。いきの長い取組みが必要です。
どうか、カンパにご協力お願いします!

カンパ振込先(郵便振替口座)
00960-5-254754
宝塚宗教者・市民平和会議
個人一口 500円(何口でも可)
団体一口 5000円(何口でも可)
※「宝塚キャンプカンパ」と明記してください。