プロフィール

takarazukacamp

Author:takarazukacamp
宝塚保養キャンプ実行委員会
代表・佐々木基文
(宝塚宗教者・市民平和会議 西光院住職)
mail:
takarazukacamp@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支援金振込先と後援について。

宝塚保養キャンプへご支援下さる方へお知らせ


支援金の振込先が以下のように変更となりました。

口座記号番号  00960-7-282556
加入者名    宝塚保養キャンプ実行委員会



また今回の夏キャンプより,宝塚市,宝塚市教育委員会,宝塚市社会福祉協議会,

そしてはんしん自立の家の後援をうけることが決定したのでお知らせいたします。


スポンサーサイト

相談会のご報告

先週末,白河市と白石市で保養相談会が実施されました。

サイズ変更済みイメージ 1

宝塚保養キャンプも参加し,何組かのお母さん方とお話させて頂きました。

ぴったりの保養先を決められ,笑顔で会場を後にされたお母さんが印象的でした。



6/28現在,キャンセル発生のため

3名が確定,7名の枠が空いています。

ちなみに3名は春キャンプのリピーターの子どもたちです。

お申し込みお待ちしています。

コピー屋さんにて・・・

どしゃ降りの雨が降る木曜日・・・


週末に迫る相談会で使う宝塚保養キャンプのチラシを

宝塚市小林(おばやし)にあるコピー屋さんに持って行き印刷をしていると,

店主さんが声をかけて下さいました。


「良い取り組みをしていますね」


そこから東日本大震災について,福島の現状について話が広がり,

阪神淡路大震災の時のようすを聞かせて頂きました。


「被災して大変な日々を送る自分と,被災していない人との温度差が悔しかった」

「(支援等のボラをしたいが)何をすれば良いかわからない人もたくさんいる」

「阪神淡路大震災を乗り越えたこの場所だからこそ協力的な人たちが大勢いる」など

温かく力強いことばを頂きました。


そして,宝塚保養キャンプのチラシを店頭に貼って下さるとのことです。


店主さん,ありがとうございます!

夏キャンプ&保養相談会in白河・白石

6/23()6/24()に,福島と宮城両県で実施される保養&キャンプ相談会に,

宝塚保養キャンプも参加することとなりました。

保養を検討されている方々,ぜひ会場にいらして下さい。(以下転載)




子どもたちに夏休みを満喫させてあげませんか?
全国各地の受け入れ支援団体が、白河(福島県)と白石(宮城県)に集まります。

夏キャンプ&保養相談会 in 白河・白石

【日時・場所】
★6月23日(土) 13時~18時
   福島県白河市 マイタウン白河 多目的ホール

 【主催】:のびのびキャンプ・プロジェクト
      みみをすます・関西


★6月24日(日) 10時~15時
   宮城県白石市 中央公民館

 【主催】:子どもたちを放射能から守るみやぎネットワーク
 【共催】子どもの未来を守ろう☆白石/こすごう子どもを守る会


夏休みのキャンプや保養企画などについて説明します。
離れたところで心と身体を休ませましょう。
その他、さまざまな悩みや不安についてのお話も伺います。
ご家族でも、お子さんとでも、お一人でも、お気軽にお越しください。

よくある相談内容
♪保養や避難、防御について、家族や周囲の理解が得られない。
♪温度差があって、放射能の心配を誰にも打ち明けられない。
♪保養や避難に関心があるが、具体的にどうしたらいいか分からない。

【参加団体一覧】
札幌・むすびば(北海道)/福島からの農業者支援サークル(青森)/毎週末山形(山形)/東北ヘルプ(宮城)/日本の森バイオマスネットワーク(宮城)/いのち・むすびば(山梨)/大阪でひとやすみ!プロジェクト(大阪)/福島の子どもを招きたい!明石プロジェクト(兵庫)/兵庫県有機農業研究会(兵庫)/どろんこキャラバン☆たんば(兵庫)/宝塚保養キャンプ実行委員会(兵庫)など

しめきりは7月8日。

梅雨入りしたはずなのに雨のふらない日が続いていましたが,

ここ宝塚では金曜の夕方頃からふり始めました。

天気予報ではしばらく傘マークがつらなっています。


さて,第2回宝塚保養キャンプの開催まで2ヶ月を切っています。


応募のしめきりは7/8()とします。


子ども6名の参加が決定しており,リピーターの子と初参加の子が半分ずつです


ご参加お待ちしています。


まだまだ募集中です!!

以前からお知らせしている通り,8.4()〜8.10(金)の日程で

第2回宝塚保養キャンプを実施いたします。

キャンプ中には,花火大会や焼き肉大会,プールや自然体験を予定しており,

もちろん勉強の時間もあります。


定員は小学生10名とつきそいの保護者5名です。

6月4日現在で小学生5名の参加が決まっていますが,まだ募集中です。


ご質問やご不明な点等あれば,090-1892-0524(蒲牟田)までお電話下さい。


みなさんのご参加,お待ちしています。

キャンプ相談会のご報告

6月2日,3日と福島県内で実施されたキャンプ相談会の様子をお伝えします。


2日()は二本松市にて

サイズ変更済みイメージ 6


サイズ変更済みイメージ 8

会場入口に保養のチラシや各種案内など情報誌が並びます。



サイズ変更済みイメージ

北海道から沖縄まで各地で開催されるキャンプ,避難や移住についての相談,

就農支援等,様々な情報を提供する団体等が参加しています。



サイズ変更済みイメージ 4

そんな中,懐かしい顔を発見!

春のキャンプに参加してくれた小学生2名がお母さんと来ており,

今回も申し込みをしてくれました。

夏の宝塚でお待ちしています。



翌3日()は伊達市保原にて

サイズ変更済みイメージ 9


サイズ変更済みイメージ 2

開場直後から,たくさんのお母さんや親子連れがひっきりなしに訪れます。



「両親が共働きなので,未就学の妹を小学生の姉と一緒に受け入れてもらえないか」

「中高生の受入れを探してもどこにもない。どうすれば良いか途方に暮れている。」

ブースに相談に来られた方から頂いた声です。


現在,宝塚保養キャンプの受け入れ対象は「小学生とつきそいの保護者」です。

団体で日程や対象を決めれば,そこに当てはまらない人がでるのは必然です。

しかし各団体の受け入れ対象が重なっていれば,保養を考えていても

どこにも行き場が無い人々が生まれる。


共働き家庭の未就学児,中高生,あるいは特別支援に通う子どもや

児童養護施設で暮らす子どもたち・・・


もっともっとネットワークを活用しながら

彼らをとりこぼさないような活動が必要だと感じました。

ご支援ありがとうございます。

5/27(日),宝塚市社会福祉協議会ボランティアセンター主催で

「3・11」を忘れない つながろう わたしたち ひろげよう あなたへ

と題した復興支援イベントが行われました。


そちらで宝塚キャンプの取り組みについて紹介させて頂いたところ,

宝塚広域ボランティア連絡委員会のお二人,

北見様,大関様より,カンパのご支援を頂きました。

また,他の数名よりボランティアスタッフとしてのご協力も承っております。


ご理解とご協力をありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。